メニュー

アレルギーについて

デュピクセントの講演会(2019.09.01更新)
昨日は新しく出た抗IL-4/13受容体抗体の「デュピクセント」の講演会でした。 本薬剤は重症喘息やアトピー性皮膚炎に用いられます。今までには同じ機序で働く薬剤はなく、従来の治療で治療効果が十分に得ら… ▼続きを読む

江東区 呼吸器疾患を考える会(2019.08.28更新)
今日は江東区で「呼吸器疾患を考える会」で講演させていただきました。 古巣の順天堂東京江東高齢者医療センターで開催されたのですが、なんとなく行きにくかったですね(笑)。 主に薬剤師さん、看護師さんな… ▼続きを読む

Kinki Hokuriku Asthma Conference(2019.04.08更新)
4/6と4/7の土日は大阪で泊りがけの会議でした。 来週?、上梓される予定の「咳嗽・喀痰のガイドライン 第3版」の話を拝聴してきました。発刊前のpeer review版がメールされてきた時にも思いま… ▼続きを読む

花粉症(2019.02.21更新)
花粉症の方にはつらいシーズンが本格化してきました。 今年は昨年より酷そうです。 症状が出る前から治療開始したほうが、症状が軽くてすみます。かゆみ、くしゃみなどが出る前から治療開始ください。 当院… ▼続きを読む

舌下減感作療法(2018.07.08更新)
最近、舌下減感作療法を始める方が多くなってきました。やはり、非薬物療法(体質改善)というのが良いのかもしれません。開始された多くの方が、当方からの勧めではなく、自ら減感作希望で受診されています。最近は… ▼続きを読む

エピペン(2018.06.17更新)
食物アレルギーや蜂アレルギーなどでアナフィラキシーが生じた際に使用するアドレナリン自己注射薬「エピペン」。緊急時の症状進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤です。現在、供給が不足しており… ▼続きを読む

イネ科の花粉症(2018.05.28更新)
GWを過ぎて花粉症の症状がある人は、イネ科の植物に対する花粉症の可能性があります。イネ科には多くの種類がありますが、代表的なものとしては、カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ネズミホソムギなどがありま… ▼続きを読む

花粉症(2018.04.15更新)
花粉のピークがそろそろ終わり、先が見えて来ました。来週末には皆さん楽になってきそうです。ただ、症状が酷い方は、GW過ぎまで安心できません。ご注意を、、、  今年のスギが辛かった方。最近は舌下減感作療法… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME