メニュー

花粉症

花粉症の疫学と原因

最近は国民的疾患となった花粉症。日本国民の25%(関東では30%超)が罹患しており、多くの場合はスギ花粉が原因です。スギ以外ではヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどでも生じます(下記の花粉の飛散時期 参照)。スギは戦後に全国の山林で多く植樹され、その後伐採されないまま現在に至り、樹齢30年を超えた花粉産生能力が高いスギ多くなったため、1990年後半よりスギ花粉の飛散量が増加しています。若年者でも多く認められ、学童期に発症する場合も珍しくありません。原因としては、他のアレルギー性疾患同様、I型アレルギー(IgEが関与)が関連し、環境因子や遺伝的要素などが関与します。花粉が鼻や目などの粘膜に接触して、発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが生じます。 

花粉の飛散時期 (鼻アレルギーガイドラインより)

病態と症状

花粉症は原因花粉の飛散時期の応じて症状が出現します。花粉飛散時期には鼻や眼瞼の粘膜にマスト細胞由来の炎症が生じます。マスト細胞から炎症性化学伝達物質が放出され、鼻粘膜の腫脹、鼻汁分泌過多、眼瞼結膜の腫脹などにより鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の周囲や結膜のかゆみ、涙などに加え、露出部の皮膚症状(かゆみや発赤、はれなど)、耳のかゆみ、のどのイガイガ、咳や頭痛、微熱、倦怠感などの全身症状も引き起こします。花粉症は気管支喘息やアトピー性皮膚炎との合併が多いのですが、食物アレルギーの特殊型である口腔アレルギー症候群(oral allergy syndrome; OAS)という野菜や果物と花粉の共通抗原性により生じる疾患もあります。

花粉症の検査

花粉症に対する検査としては、典型的症状(花粉飛散時期と症状の一致)に加え、血液中のIgE抗体の測定や鼻汁好酸球などで診断します。

治療

多彩な症状を示す花粉症ですが、治療はそれぞれの症状・重症度に応じて治療薬を選択します。

くしゃみや鼻汁・鼻漏はヒスタミンの影響が大きく抗ヒスタミン薬や点鼻ステロイドを用いることが多く、鼻づまりは鼻粘膜の血管拡張と血管透過性亢進の関与が大きいためロイコトリエン受容体拮抗薬や点鼻ステロイドを選択する場合が多くなります。ただし、各薬剤とも投与回数とか使用方法が異なり、患者さんごとに使い分ける必要があります。眼症状に対しては、点眼薬での治療が主体となります。点眼の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬、ステロイド薬などがありますが、前2者の使い分けに明確な基準はなく、患者さんに合わせて使用されます。点眼のステロイドは眼圧上昇や白内障、感染症などが生じる可能性があり、眼科での使用を推奨します。近年、抗原特的免疫療法の一つである舌下減感作療法が可能となっています。同治療は唯一の根治療法であり、ごく少量のアレルゲンを継続的に摂取することによりアレルギーが起きないように体を慣らしていく治療法です。開始時期に関しては、スギ花粉症は花粉飛散時期は開始不可なので、当院では6月から実施しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME