メニュー

肺のアレルギー性疾患について

肺のアレルギー性肺疾患の代表例としては

気管支ぜんそく

好酸球性肺炎

過敏性肺炎

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

などがあります。

 好酸球性肺炎は白血球の一種である好酸球により生じた特殊な肺炎です。カビや薬物の吸入が原因となり生じることがありますが、原因が不明な場合も多い疾患です。慢性の好酸球性肺炎では、数日から数ヶ月にわたり、せきや発熱、息切れ、倦怠感、喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーした音)が出現し、急性の好酸球性肺炎では、急速に息切れが進行する場合もあります。通常の肺炎と異なり、抗菌薬での治療には反応せず、ステロイド薬による治療が基本です(原因が明らかである場合は原因除去)。ステロイド薬は、治療当初は多くの量を必要としますが、徐々に減量していきます。減量途中で再燃することもしばしば認められ、数ヶ月から数年にわたる治療が必要です。

過敏性肺炎は有機物の粉や化学物質を繰り返し吸入することにより生じるアレルギー反応が原因となり、肺が固くなって行く病気です。原因物質としてはトリコスポロンというカビが原因であることが多く、春から秋(特に夏)に多く認める疾患です。症状としては労作性の息切れ、せき、発熱などがあり、原因から回避することにより症状の改善を認めます。しかしながら、長期間にわたり原因物質にさらされていると肺の炎症が慢性化して、不可逆性の変化をもたらします。治療の基本は抗原(原因物質)の回避です。掃除や転居などが必要になります。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症はアスペルギルスという自然界に広く存在するカビの一種により生じるアレルギー性肺疾患です。この疾患は気管支ぜんそくをもっているひとに生じ、ぜんそくと同様に咳痰や喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーした音)などの症状がでます。肺の破壊をもたらすことも多く血痰や発熱、呼吸困難も生じることもあります。通常の喘息治療に加え、経口ステロイド薬による治療を行いますが、治療に難渋する場合も多く認めます。

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症は気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎を有する患者さんで、好酸球が増加して全身の細い血管に炎症(血管炎)が生じる病気です。喘息のような喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼーした音)や呼吸困難、咳などの症状や発熱、体重減少が認められます。血管炎が生じている部位により様々な症状(しびれ、腹痛、筋肉痛、皮疹など)が生じます。ステロイド薬により治療を行いますが、重症の場合は免疫抑制薬や抗体療法(anti IL-5)も用います。難治性の神経障害には、ガンマグロブリンを投与する場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME