メニュー

当院の特徴

患者さんの声に耳を傾け、自身の病気についてわかりやすい言葉で説明をし、病気そのものを理解する努力をさせて頂きます。その上で、病態にあった治療方法を適時提示し、治療方針を決定させて頂きます。患者さんに納得して頂く医療を心がけます。

診療内容

気管支喘息(ぜんそく)

夜中に咳で目が覚めたり、風邪や季節の変わり目に胸からゼーゼーといった音がしていませんか?それは気管支喘息の可能性があります。気管が狭くなる病気−気管支喘息(ぜんそく)は遺伝や環境因子などが原因となって生じる病気です。小児喘息は自然に治ること(自然寛解)が期待できますが、残念ながら大人の場合は慢性となる場合が多い病気です。肺は予備能力があるため、多少気管支が狭くなっても自覚症状が出ませんが、そのまま放置すると肺の老化が進行します。気づかないうちに老化する前に、しっかりとした診断、治療を行いましょう。

慢性の咳

当院の力を入れている症状の一つです。咳は皆さんが病院に受診する動機の第1位ですが、その原因は多岐に渡ります。咳は患者さんの日常生活を大きく制限し、苦痛を伴います。たかが咳と思っていても、まれに肺ガンや結核などの怖い病気も含まれています。過度に怖がる必要はありませんが、決して侮ってはいけません。2週間以上、咳が続く場合は外来受診をお勧めします。

当院では、この原因を速やかに明らかにして、適切な治療を行います。

呼吸器疾患

いびきが気になる、禁煙したい、検診のレントゲンで異常を指摘されたなど

アレルギー疾患

食物アレルギー、口腔アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎など

一般的な内科系疾患

風邪、扁桃腺炎、発熱、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、食欲不振・減退、花粉症、蕁麻疹など

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME