メニュー

気管支ぜんそく

ぜんそく喘息の症状と原因

一般的にぜんそくは気管支喘息(きかんしぜんそく)のことをさし、気管支(または気道)にアレルギー性の慢性炎症が生じ、気道が敏感(過敏性)になる病気です。発作性の呼吸困難や喘鳴(ゼーゼーやヒューヒューと音を立てて息苦しくなる状態)、咳などの症状をおこします。症状は明け方や天候の変化、風邪をひいたときなどで生じやすくなります。症状が一過性のため、そのまま放置されることもあります。

ぜんそくの原因は様々ですが、多くは気管支にアレルギー反応による慢性炎症が起きて発症します。その他にも、天候(気圧、温度、湿度)に変化、喫煙(受動喫煙)、運動、薬剤、月経、心因性・身体性ストレス、臭い、職業などが様々な要因が原因となって発症、増悪することがあります。

喘息の疫学

気管支喘息は小児、成人共に罹患しますが、有病率は小児15%以上、成人5-10%程度と非常に高く、近年どんどん増加しています。喘息というと、なんとなく小児の病気という感じがありますが、実は喘息患者全体をみると4人に3人は成人喘息で大人に多い病気です。

子供の頃は比較的男児に多く、乳幼児期から発症することもあります。成人になるにつれ治ること(自然寛解)することもありますが、成人に移行したり、成人再発する例も多く認めます。

成人発症の場合は、発症最多年齢は40歳代で女性に多く、風邪の後の長引く咳や、息切れ、喘鳴(胸のゼーゼーした音)などで発見されることが多い病気です。放置すると、肺の老化が進むため、きちんとした治療が必要な病気です。

喘息の検査

気管支喘息は気管支に炎症がおきて、気管が狭くなる病気です。とはいうものの、気管が多少狭くなっても、自覚症状は全くないことが多く、自覚症状や胸の音だけでは十分な評価は困難です。そのため、気管支の狭さや炎症の有無を呼吸機能検査で確認します。同時に他の疾患で喘息様の症状を呈している疾患を除外するために胸部レントゲン写真撮影などを行います。

また、アレルギーの原因検索のため血液検査を行う場合があります。一般的にアレルギー検査とは血中の特異IgE抗体を測定します。スクリーニングではMAST法(他の方法と比べると感度・特異度は若干落ちますが多くの抗原に対して検査できます)を用いますが、より精密に検査をする場合はCAP-RAST法やAlaSTAT法を用います。当院では病態に応じた検査法を選択いたします。

喘息の治療について

ぜんそくの治療については、気管支の慢性炎症を吸入ステロイド薬を中心に、気管支拡張剤や抗アレルギー薬などの薬剤をつかってコントロールしていくことが一般的です。同じ系列の吸入薬でも患者さんごとに相性があり、きちんとした薬剤選択、きちんとした治療を行えば、喘息患者さんの90%は健康人と全く変わらない生活を送ることが可能です。また、同時に喘息治療においては環境整備も非常に重要です。当院では様々は方法を紹介し、環境整備に役立つノウハウをお伝えします。

種々の治療を行っても症状が残存する重症ぜんそくでは、種々の新規薬剤(抗体療法)が使用可能となっており、患者さんによっては「世界が変わる」ほどの効果を得られる場合もあります。現在は3種類の抗体療法が選択可能であり、本治療方法を安全にかつ最適な薬剤選択を行って治療いたします。また、BT(Bronchial thermoplasty)療法という治療法もあります。気管支平滑筋を65度で加熱することにより、平滑筋自体を薄くして、喘息発作を軽減する治療です。当治療が必要な場合は当院関連病院に紹介させていただきます。

喘息発作になってしまった場合は、気管支拡張作用や炎症を抑える薬を点滴したり、ネブライザーによる吸入療法を行います。症状が改善しない場合は入院治療が必要となり場合があります。

ぜんそくは、子供の代表的な呼吸器疾患としても知られていますが、実は喘息全体をみると成人喘息の方が多いのです。成人発症は40歳代で発症することが一番多く、ぜんそくの症状が疑われる場合は、ぜひ当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME